1: サンキュー! ★ 2017/07/02(日) 20:04:55.40 ID:CAP_USER9
    世論調査では善戦しているファーストだが、そこには落とし穴も存在している。組織票がまったくないのだ。
    幹事長の音喜多駿氏は、自身の開催した決起大会で3割近くの申込者が当日ドタキャンした現状を嘆き、「組織がなく浮動層のみで闘う怖さを痛感した」とブログで述べている。
    民進党の支持組織である労働組合の幹部はこう語る。

    「基本的には、民進・元民進の議員を応援していますが、選挙区に民進、元民進の議員がいない場合は、ファーストの新人候補の応援にも入っています。
    驚かされるのは、選挙の仕方についてまるで何も知らないこと。取りこぼしも多いのではないでしょうか」

    さまざまな都議選の情勢調査が漏れ伝わる中で、あるひとつの共通点を指摘するのは、早稲田大学招聘研究員の渡瀬裕哉氏だ。

    「各調査に共通することは、民進党が壊滅することです。民進を裏切ってファーストから出馬した議員たちは助かる可能性がありますが、
    当選後も『元民進』のレッテルを貼られることになる。
    民進党の組織から支援を受ける彼らは、『しがらみ』の渦中にあるにもかかわらず、
    当選後には議員生活が長いことを理由に先輩風を吹かせ、旧かがやけTokyoや改革派の新人との内部抗争が始まるのではないか」

    都議会議員は、国政選挙にも大きな影響を与える。民進都議が壊滅すれば、一番の影響を受けるのは、民進都連の国会議員たちだ。

    「菅直人氏、長妻昭氏など民進党を象徴するような政治家が、次回の衆議院選挙を現職都議の支援を受けずに戦うことが濃厚。小池旋風の一番の被害者は彼らでしょう」(前述の全国紙記者)

    http://president.jp/articles/-/22448
    http://president.jp/articles/-/22448?page=2

    maxresdefault


    【【都議選】 確かなことは民進党壊滅★2 ©2ch.sc 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/07/04(火) 11:37:48.89 ID:CAP_USER9
    安倍総理大臣は総理大臣官邸で記者団に対し、北朝鮮が、再び弾道ミサイルを発射したことについて、
    「さらに脅威が増したことを明確に示すものだ」としたうえで今週のG20サミットに合わせて、アメリカや韓国に加え、中国やロシアの首脳に対しても北朝鮮に対する圧力の強化に協力を求める考えを示しました。

    政府は、北朝鮮が、弾道ミサイルを発射したことを受けて、午前10時半すぎから、総理大臣官邸で、安倍総理大臣や岸田外務大臣、稲田防衛大臣らが出席して、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開きました。
    このあと安倍総理大臣は、記者団に対し、「北朝鮮がまたもや弾道ミサイルの発射を強行した。たび重なる国際社会の警告を無視するものだ。今回のミサイル発射は、さらに脅威が増したことを明確に示すものだ」と述べました。

    そのうえで、安倍総理大臣は、「昨日、トランプ大統領と日米電話会談を行い、日米の強い連携を確認した。強固な日米同盟のもと、高度な警戒態勢を維持して、国民の安全を確保するために万全を尽くす」と述べました。

    そして、安倍総理大臣は、今週ドイツで開かれるG20サミットに合わせて、日米韓の3か国の首脳会談を行うとしたうえで、「トランプ大統領、ムン・ジェイン(文在寅)大統領と認識をともにし、
    日米韓の強い結束のもとに国際社会の圧力を強化していく」と述べました。

    さらに安倍総理大臣は、「G20には、世界の首脳やリーダーたちが集まる。この場を活用して、北朝鮮問題に対する国際社会の連携を強く訴えていきたい。
    また中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領に対しより建設的な対応をとるよう働きかけていく」と述べ、G20サミットに合わせて各国の首脳に対し、北朝鮮に対する圧力の強化に協力を求める考えを示しました。

    3a5bba695f858ee5e1d1dd5f5724d352


    配信 7月4日 11時21分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011041321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    【【北朝鮮ミサイル】安倍首相 「さらに脅威が増したことを明確に示すものだ」 今週のG20サミットで圧力強化を求める考え@2ch.sc】の続きを読む

    このページのトップヘ