民進党

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県)@\(^o^)/ [EU] 2017/07/05(水) 01:44:38.48 ID:DI1lItDY0.net BE:135853815-PLT(12000) BE:135853815-PLT(12000)

    蓮舫代表続投宣言も、民進党にくすぶる責任論 「顔も見たくない」「もう党を出たい」と怨嗟の声続々…

     民進党の蓮舫代表は4日の常任幹事会で、改選前議席を減らした東京都議選の結果を受け
    「極めて深刻で非常に残念な結果だが、最前線で引き続き頑張りたい」と述べ、続投を表明した。
    しかし党内では蓮舫氏の責任論がくすぶり続け、執行部の刷新を唱える声も日増しに広がっている。
    4日も離党を模索する議員が現れ混乱が収まる気配はない。

     執行部と距離を置く松野頼久元官房副長官のグループの4日の会合では、都議選での蓮舫氏らの責任を問う声が噴出した。

     「野党共闘をぴしっとやっていたら、議席は上積みできたのではないか」「執行部が責任を取るべきだ」

     若手議員からは「蓮舫氏や野田佳彦幹事長の顔も見たくない」という投げやりな声まで漏れ、横山博幸衆院議員(比例四国)は松野氏に離党届を預けた。

     松野氏は記者団に「都議選は明らかに惨敗だ。戦略の練り直しをしなければならない」と断じ、
    「どこの民間企業でも中間決算で大打撃を受けたら態勢の組み直しを考える」と述べ、暗に執行部刷新を求めた。

     動揺の背景にあるのは、小池百合子都知事が率いた地域政党「都民ファーストの会」の都議選での躍進だ。
    都民ファーストの国政進出が現実味を帯びる中、「衆院選でも同じ結果が出る」(松野氏)と懸念がくすぶるのも無理はない。

     常任幹事会では、複数の出席者から蓮舫氏に「真剣に取り組んでほしい」と反省を促す声が相次いだ。

     「猛省せざるをえないものを厳しく総括し、改善策を早期に講じる。自民党に対する怒りの受け皿に私たちがならなかったのは深刻な事態だ」

     蓮舫氏は会合後、神妙な表情で記者団に語ったが、党勢回復の具体策を口にすることはなかった。

    http://www.sankei.com/politics/news/170705/plt1707050002-n1.html

    no title

    【【悲報】 都議選惨敗… 民進党議員「もう蓮舫の顔も見たくない」「もう党を出たい」@2ch.sc】の続きを読む

    1: サンキュー! ★ 2017/07/02(日) 20:04:55.40 ID:CAP_USER9
    世論調査では善戦しているファーストだが、そこには落とし穴も存在している。組織票がまったくないのだ。
    幹事長の音喜多駿氏は、自身の開催した決起大会で3割近くの申込者が当日ドタキャンした現状を嘆き、「組織がなく浮動層のみで闘う怖さを痛感した」とブログで述べている。
    民進党の支持組織である労働組合の幹部はこう語る。

    「基本的には、民進・元民進の議員を応援していますが、選挙区に民進、元民進の議員がいない場合は、ファーストの新人候補の応援にも入っています。
    驚かされるのは、選挙の仕方についてまるで何も知らないこと。取りこぼしも多いのではないでしょうか」

    さまざまな都議選の情勢調査が漏れ伝わる中で、あるひとつの共通点を指摘するのは、早稲田大学招聘研究員の渡瀬裕哉氏だ。

    「各調査に共通することは、民進党が壊滅することです。民進を裏切ってファーストから出馬した議員たちは助かる可能性がありますが、
    当選後も『元民進』のレッテルを貼られることになる。
    民進党の組織から支援を受ける彼らは、『しがらみ』の渦中にあるにもかかわらず、
    当選後には議員生活が長いことを理由に先輩風を吹かせ、旧かがやけTokyoや改革派の新人との内部抗争が始まるのではないか」

    都議会議員は、国政選挙にも大きな影響を与える。民進都議が壊滅すれば、一番の影響を受けるのは、民進都連の国会議員たちだ。

    「菅直人氏、長妻昭氏など民進党を象徴するような政治家が、次回の衆議院選挙を現職都議の支援を受けずに戦うことが濃厚。小池旋風の一番の被害者は彼らでしょう」(前述の全国紙記者)

    http://president.jp/articles/-/22448
    http://president.jp/articles/-/22448?page=2

    maxresdefault


    【【都議選】 確かなことは民進党壊滅★2 ©2ch.sc 】の続きを読む

    このページのトップヘ